ウーマンと赤ん坊

緊張せずに産めることが人気の理由の一つ|助産院なら安心

妊娠中の食生活

妊婦

赤ちゃんの成長を助けるのは妊婦の毎日の食事です。お腹の赤ちゃんにとって必要なのは栄養豊富な食材をバランスよく適量食べることです。カルシウムや葉酸、鉄分などは意識的に摂取する必要があります。

もっと詳しく

満足のいく出産を望むなら

医者

自然な出産を希望するなら

現在、出産は産婦人科ですることが一般的です。しかし、一昔前では助産院や助産師による自宅出産が当たり前でした。では助産院と産婦人科での出産はどのように違うのでしょうか。助産院とは正式名称は助産所と呼ばれるもので、助産師が開業している入院・分娩が出来る施設になります。妊娠中から利用することもでき、腹囲・子宮底長・血圧・むくみ・尿たんぱくなどの妊婦検診を行うこともできます。産婦人科とは違い、こじんまりと自宅などに開業している場合が多いので、とてもリラックスした雰囲気での出産が出来ることがメリットです。最近ではエコー検査の機械を導入しているところもあり、産婦人科で受ける妊婦検診とさほど変わらない診察が出来るために利用する人も増えています。しかし助産院と産婦人科との最大の違いは、やはり医師がいるかどうかです。助産院には産科医がいません。つまり医療行為は一切できないということです。当然、帝王切開は出来ませんし、検診時に医療行為が必要になった場合には転院することになります。つまり、助産院での出産を希望する場合には、妊娠期間に異常がなく、自然分娩に問題がない妊婦に限られるということになります。

助産師とのふれあい

助産院での出産がアットホームだと言われるのには理由があります。産婦人科では、出産は医師で産後ケアは看護師、食事や部屋の清掃は別の職員という分業になっています。しかし助産院ではそれらすべてを助産師ひとりで担当します。出産の痛みを知り、産後の不安さもすべて知っている助産師になんでも相談できる環境は、妊婦にとってとても頼りがいがあり安らぎが得られる場所でしょう。また、出産時のスタイルにも特別なものがあります。婦人科では分娩台に乗っての出産になりますが、助産院では布団や畳などの上で、寝た姿勢・立膝・立ったままなど自分が一番リラックスできる姿勢での出産が可能です。中には、水中出産が可能なところもあります。しかしやはり気になるのは万が一出産の際に予期せぬ事態が起こったときでしょう。その場合は、助産院と密に連絡を取っている提携病院がありますので、予めその病院のチェックもしておきましょう。女性にとって出産は特別です。満足のいく出産が出来るようにいろいろ調べておくといいでしょう。

筋肉や血液をつくる

赤ん坊と婦人

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにたくさん栄養を摂取しましょう。特にたんぱく質は重要なので、妊娠前期で1日に70gほど、後期では80gを目標に摂取していく必要があります。バランスのいい食事を心掛けましょう。

もっと詳しく

健康的な赤ちゃんを生む

看護師

妊婦さんの健康とお腹の赤ちゃんのことを考えるなら健康補助食品のアクティブライフを使って栄養バランスのいい生活を心がけるべきです。また、アクティブライフを実際に購入する場合にはネット通販を使うと運ぶ手間も省けて価格もお得なためおすすめです。

もっと詳しく